毛周期との関係

レーザー脱毛で完全な脱毛状態に近づけるためには、複数回の施術が必要ですが、この施術に連動しているのは毛周期です。
レーザー脱毛を闇雲に行っても毛周期のサイクルに適合していなければ行う意味のない施術になります。
そのため医療レーザー脱毛を行う場合には毛周期のサイクルに合わせて施術を行うことになります。
そのため注意したいのが脱毛の契約です。

医療機関によっては1年に5回とか1年に6回のコースを案内している場合が多いのですが、回数と期間が設定されている場合には、脱毛を行う部位によっては一定期間施術を開けないといけない部位があります。
そのためこの契約で期間が過ぎてしまうと新たな契約を行う必要があります。
そこで、おすすめしたいのが、無期限で何度でも施術が行えるコースです。
契約数ときには高額な金額になりますがいろんな部位を施術するにはこのコースが1番おすすめです。

施術の期間をあけても続けて施術ができる部位によって行う回数が異なりますがこのコースならば安心して全てができます。
もしこのコースがなければこれに近いコースを選択することで、期間や回数を気にせず施術することができます。
医療レーザー脱毛でも1年またはそれ以上の期間が必要な場合があるので、長期的な施術を考えることが必要です。

満足できる施術の回数

医療用レーザーを利用したレーザー脱毛は高い出力があるため脱毛の効果をより実感することができます。
しかし、完全な脱毛に近づけるためには1度の施術では不可能となります。
そのため複数回施術を繰り返すことで完全な脱毛状態に近づくことができます。

一般的なレーザー脱毛では5回から6回の施術を行うと脱毛をした実感を体験できますが、完全な脱毛状態に近づけるためにはこの回数では不十分なものになります。
よく施術の対象となる腋の下の施術では満足できる平均的な回数として6回前後ですが完璧な脱毛状態に近づけるためには9回から12回通院して施術を繰り返す必要があります。

個人差がありますがこの回数まで施術することで、自分で処理を必要となくなるほどきれいな状態に近づけることができます。
また、部位の部分によってはこれ以上の施術を行う事が必要な部位もあるので、長く通院することは必要なことになります。
それでもフラッシュ脱毛に比べると施術を行う回数が少ないので、レーザー脱毛を利用する方が早く効果を実感することができます。

この施術の周期に関してはムダ毛の毛周期が関係しているため短期間で複数回の施術を行うのは効果的な施術ではないです。
そのため毛周期と連動した施術を行う必要があります。